27歳港区女子が絶賛する六本木の隠れ家和食”りょう”

akiyo
はじめまして! 今日は初投稿ということで、あきよお気に入りの1軒を紹介しちゃいます! 予約が取れなくなるのが嫌なので、本当はあまり紹介したくないのですが、、、

六本木交差点の名店、隠れ家和食

”飯家 りょう”は、六本木交差点近くの大通り沿いに位置していますが、大きく看板が出ているわけではないので、 知っていないと普通は入らない隠れ家的なお店。 食べログの点数はまだまだ低いですが、あんまり関係ないですね。必ずこれから人気店になるお店だと思います。 

とっても優しそうな顔をした福岡県出身の店主、りょうさんが毎日カウンターに立っています。 九州の郷土料理を中心にメニュー展開している和食居酒屋さん。 お魚、お肉から〆のご飯・麺類もなんでもあり、なにを食べても美味しいです。

店内はカウンターの他に、8名まで入れる個室もあります。 

お気に入りのメニューたちをご紹介!

ここからは私のお気に入りを紹介していきます。

まず私が大好きなのは、「いかげそのバター焼き」

どこにでもありそうなメニューだけれど、もう火の入れ方が絶妙で触感が最高にプリプリで味付けも抜群。私史上いちばんのイカゲソバター!!! 

もちろんべーシックな刺し盛りも

サクサクのカツレツも

贅沢にキンメの煮付けも、、!

あとは普段あまり食べられないあげまき貝のような食材など、 、

季節ごとの旬の食材を美味しく料理してくれているのも、毎回足を運ぶ時の楽しみの1つです。 

常連になったら食べたい食材をリクエストして仕入れてもらうことも出来ちゃいます。 

もう私はグルメな先輩に教えてもらってから何度もお邪魔させてもらっているのですが、 何を食べてもすべて美味しくて外れは無いと言い切れます^^ 

ここはメニューに値段が書いていないのですが、軽く飲んでしっかり食べてのお値段は大体1人6~8000円。 (食事メインの時わたしはお酒はたくさん飲みません) 

お値段の割に食材がとても良質で、1つひとつとても丁寧に仕事をしたお料理が出てくるので、お店のことが心配になるくらいです。 

デートにはもちろん、会食、1人で軽く美味しいものを食べたい時にもピッタリな使い勝手のいいお店◎ 

私はよく美味しい小料理とお酒とりょうさんに癒されに1人で通っています。 

この記事の著者

あきよ

麻布十番在住 27才
ジャンル問わず食べること飲むことが大好き
”広尾”Times ですがエリアにこだわらず(港区/麻布中心)
自分がまた行きたいと思ったお店だけを紹介します
(編集長太っちょリーマン許可済み)

関連記事

ページ上部へ戻る